« 萬金丹 | メイン | 愛テレビながの »

2013年7月17日 (水)

綿の授業

兵庫県小野市で綿の授業をしてきました。

今年3度目の訪問です。

5月に子供達と蒔いた綿のタネは、大きく成長しました。

今回は、双葉や本葉、蕾の観察をしましたよ。

Dscf78391

Dscf78401_2

双葉の葉が厚い謎について?

本葉の形がいろいろある謎について?

謎の解明を子供達と一緒にしましたよ。

皆さんは、何故なのか?

わかりますか?
Dscf78411

子供たちが蒔いた綿には、可愛らしい蕾がついていました。

花が咲くのは、一学期の終業式の後になりそう。

夏休みが終わっても、棉の花は次から次へと咲き続けるので、楽しみにしてて欲しいな。

次回の授業の時は、棉の実が見られそうです。

昨夜遅く長野へ戻りましたが、長野の夜は涼しいですね。

エアコン無しで、窓を開けたまま、良く眠れます。

早朝は寒くて、慌てて窓を閉める程です。

今朝、出勤すると女郎花の花が咲き始めていました。

Dscf78461

子供の頃、夏休みに親の実家へ行くと、必ずこの花が咲いていたのを思い出します。

Dscf78491

栽培試験中の北欧産のビルベリーの大株は、たくさんの果実をつけました。

ビルベリーの実は、ブルーベリーよりも酸味が強く、目にとても良いんですよ。

日本では、まだまだ栽培の少ないビルベリーですが、長野の気候にとても合います。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.blog.ocn.ne.jp/t/trackback/169717/24299772

この記事へのトラックバック一覧です 綿の授業

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。